えどがわ橋内科・内視鏡クリニック

えどがわ橋内科・内視鏡クリニック

MENU

内視鏡検査

胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)

胃カメラ

胃内視鏡検査は一般によく「胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)」と言われている検査です。
内視鏡検査は、胃や食道や十二指腸の病気の早期発見に有効な検査方法のひとつとして重要な役割を果たしています。過去に辛くて苦しい内視鏡検査を体験された方もいらっしゃると思いますが、近年の内視鏡技術は格段に進歩しています。苦痛も少なく、より精密な検査を行うことが可能となっています。

上部(胃)消化管内視鏡検査でわかる疾患

胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)では、胃がん、食道がん、十二指腸がんといった悪性腫瘍などの他に、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、急性胃炎、慢性胃炎、胃ポリープ、十二指腸ポリープ、逆流性食道炎、ヘリコバクターピロリ感染などといった疾患の診断・検査に有効です。

胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)の流れ

1.検査前

まずは診察にお越しください。
現在の症状やこれまでの病歴などを伺います(人間ドッグや健診で異常を指摘された方は、検査結果一式をお持ちください)。
続いて腹部の触診などの診察を行います。検査日程を決定し、検査についての詳しい説明を行います。また、内視鏡検査に必要な血液検査を行います。
緊急性によっては当日の検査にも対応致します。お電話頂だき、食事を摂らないで来院してください。

診察時にお持ち頂だくもの
  • 保険証
  • 服用中のお薬がある方は、お薬手帳などお薬の内容がわかるもの
  • 人間ドッグや健診で異常を指摘された方はその検査結果一式

原則として、前日の食事制限は必要ありませんが、なるべく21時までに食事を済ませてください。当日の朝は食べずにいらしてください。水分は、水やスポーツ飲料など、色のついていないものならば問題ありません。午後の検査の場合は、朝は7時までに軽く済ませてお昼は食べないでください。服装は、なるべくお腹を締め付けない楽な格好でお越しください。

2.検査当日
受付(問診票記入)

スタッフの指示に従ってご記入ください。わからないことなどございましたら、お気軽にお尋ねください。

問診

内視鏡検査を行う事前チェックとして問診を行いますので、質問にお答えください。

検査

内視鏡検査を行います。力を抜き、リラックスして受けてください。検査は5~10分で終わります。

検査終了後

検査が終わって身支度を整えたら、少し休んでください。鎮静剤を使われた方は20分から30分程度お休み頂だきます。
気分が悪い時は、お申し出ください。お休み頂だいた後、検査後の注意事項の説明があります。

検査結果の説明

画像をご確認頂だきながら検査結果の説明を行います。(組織を取って検査を行った方は、2週間程度お時間を頂きます。)

痛みの少ない胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)

機械、飲み方、使うお薬、色々な検査方法が御座います

初めて内視鏡検査を受ける方、今まで検査を受けられて辛い思いをされた方、御心配が沢山おありになる事と存じます。
胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)とは、先端に小型のカメラが付いた管を、鼻や口から挿入し喉、食道、胃、十二指腸、を観察する検査です。観察し病気が無いかどうか、悪いものが出来ていないかどうか、お薬を飲んで治療をした方がいいものが無いかどうか、色々観察します。
機械、飲み方、使うお薬、色々な検査方法が御座います。当院では出来るだけ楽に、しかしながら悪い病気、小さな病気を見逃さない様に検査を受けて頂きます。

胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)が痛いのは?

一番多くの方がおっしゃるのは、喉を通る時に痛い、です。やや細いカメラを使いタイミング良く通過する方法があります。
また、カメラが食道、胃、十二指腸の中を観察する際に、押されて痛い、が次に多くの方がおっしゃっております。グリグリしない、ぶつからない、技術が御座います。一度お試しください。
鎮静剤、鎮痛剤ご希望の方には勿論お薬を使って行う方法が御座いますので、御相談ください。基礎疾患、アレルギーなどにてご使用出来ない方もいらっしゃいますので御了承ください。

早期がん発見率の高い内視鏡検査

胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)におきまして、検査致します部位は、喉、食道、胃、十二指腸があります。それらの部位には、軽いものから重いものまで、普段の生活を注意して頂けましたら治るものから、胸やお腹を切ったり貼ったり、強い薬を使わなければならないものまで多種多様な病気が御座います。それらの異常を見つけることが検査を受けて頂く目的でも御座います。

おぇっとならない内視鏡検査

胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)は鼻から、口から、起きたまま寝たまま、色々な方法が御座います。検査を受ける手順をご説明させて頂きます。

1.検査前

前日は夕食は軽く済ませて頂きます。基本的には禁酒です。午後9時までには食べ終えられましたら、その後は固形物は摂らないようにしてください。水分はこまめにとって頂いて結構です。早めにお休みください。

2.検査当日

当日はお水以外は飲食禁止です。お薬を飲む必要がある方は、午前6時までに内服してください。出来るだけお腹を締め付けない服装で御来院ください。
来院頂きましたら、本日の体調をお伺い致します。検査可能でしたら準備を致します。
お荷物などロッカーをご用意しておりますので、お使い頂き、義歯、時計、ピアス、お眼鏡(検査中ご覧になられたい方はそのままご使用頂けます。)などお外し頂きます。口紅は落としてください。

3.検査

では、はじめましょう。
はじめに胃の泡を消す白い液体の水を飲んで頂きます。あまり美味しく御座いませんので、味わわずお飲みください。
次に胃の動きを止め、唾液を出にくくするために、肩に注射をします。御病気により使用出来ない方もいらっしゃいますのでご了承ください。ベッドに横になって頂き喉に麻酔をします。麻酔が効いてきましたらマウスピースを噛んで頂き検査を始めます。鎮静剤を使用される方はこの時点でお注射を致します。

胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)を嫌いな方の理由の一番は、
おぇっとなって辛かった、ではないでしょうか

当院では、院長の8万件を超える、内視鏡検査の経験から2004年に考案致しましたおぇっとならない方法を用いて行います。
年間2万例の内視鏡検査を行う健診施設にて、多数のリピーターの方に御支持を頂いている方法です。一度お試しください。
それでも御不安な方には、鎮静剤を使用する方法もお勧めさせて頂きます。

大腸カメラ(下部消化管内視鏡検査)

大腸カメラ

近年、食生活の欧米化により、日本人にも大腸がんが急増しています。大腸がんの早期には症状の無い場合が多く、発見が遅れる場合が少なくありません。大腸がんについては、早期発見(大腸がんになる前のポリープのうちに切除すること)により、大腸がんによって命を落とす可能性を低くすることが可能です。
大腸カメラ(下部消化管内視鏡検査)は、肛門から内視鏡を入れて大腸内を直接観察する検査です。おしりから大腸の最深部(盲腸)まで内視鏡を進め、抜きながら大腸の表面粘膜を観察します。さまざまな大腸の病気の発見に役立ちます。

大腸カメラ(下部消化管内視鏡検査)でわかる疾患

大腸がん、大腸ポリープ、炎症性疾患、痔核などの病気を見つけ、診断するのに非常に有効です。

大腸カメラ(下部消化管内視鏡検査)の流れ

1.検査前

検査前に一度来院頂き問診、診察、服薬しているお薬の内容確認などさせて頂きます。

診察時にお持ち頂だくもの
  • 保険証
  • 服用中のお薬がある方は、お薬手帳などお薬の内容がわかるもの
  • 人間ドッグや健診で異常を指摘された方はその検査結果一式

検査用の下剤をお持ち帰り頂きます。
検査約2日前より、繊維の多く含まれた食べ物、下剤によっても排出されにくい食べ物(海藻類、きのこ、葉物野菜、ネギ、ごま、小さな種のある食べ物)を控えて頂きます。

2.検査前日

前日の夜は早めに御夕食を済ませて頂きます。21時頃までには食べ終えてください。当日の朝より下剤をお飲み頂きます。(検査の時間、下剤の種類によって前日夜からお飲み頂く場合も御座います。)

お好みにより下剤の種類はお選び頂だけます。

基本的には2リットルの検査用下剤をお飲み頂ける方は2リットルの種類をお飲み頂きます。 2リットルはとても飲めない方、味がどうしても苦手な方、錠剤をご希望の方はそれぞれその方に合った下剤のご用意が御座います。

  • ニフレック
  • マグコロール
  • モビプレップ
  • ピコプレップ
  • ビジクリア

排便がほぼ透明になりましたら検査の準備終了です。

3.検査当日
前処置

朝、下剤を服用して頂だきます。腸内の洗浄が完了されましたら、予定時刻の15分前頃来院して頂きます。

検査

腸の洗浄が完了したら検査にお入り頂だきます。
来院頂き検査着に着替え、ベットに横になって頂きます。鎮静剤、鎮痛剤を使われる方は点滴を致します。検査は15分から30分程度で終了致します。ポリープの数などその方の状態により検査時間は前後致しますので御了承ください。

検査終了後

検査終了後は鎮静剤の影響が落ち着くまで、ベッドに寝たままお休み頂だきます。20~30分程度お休み頂だき、全身状態を確認した後、着替えて頂だきます。

検査結果の説明

検査結果の説明検査の結果について、モニターを見ながらご説明致します。ポリープ切除を行った場合や組織の一部を採取した場合などは、検査後の日常生活にも注意事項がありますので、併せてご説明致します。

ポリープ切除した場合は、良性悪性の確認の為病理組織検査を致します。約10日から2週間程度お時間を頂きます。検査結果は来院頂き御説明させて頂きます。

なお、採取したポリープや組織の検査結果は、約2週間後に出ますので、その結果の説明は後日になります。

痛みの少ない大腸カメラ(下部消化管内視鏡検査)

大腸カメラ(下部消化管内視鏡検査)は細い管の先に小さなカメラを取り付け大腸内部を見る検査です。

がん、ポリープ、炎症などが分かります。小さなポリープは切って取ることが出来ます。当院で切って取ることが出来るポリープは10mm以下の大きさです。
大腸カメラ(下部消化管内視鏡検査)の検査を受け、多くの方痛みをうったえる内容は、大腸が伸縮する場合、空気が入って痛い場合があります。
当院では院長が25年続けている軸保持短縮法を用いて出来るだけ伸展させない挿入方法を用いております。

空気が入って痛い方は、体内に吸収が早いガスを用いておりますので、お腹が張る感じは長く続かないように工夫しております。
鎮痛剤、鎮静剤を使用する方法も有効勿論有効ですので御相談ください。基礎疾患、アレルギーなどにてご使用出来ない方もいらっしゃいますので御了承ください。