えどがわ橋内科・内視鏡クリニック

えどがわ橋内科・内視鏡クリニック

MENU

一般内科

一般内科

一般内科とは、風邪、インフルエンザ、発熱、頭痛、胸痛、めまい、腹痛、下痢、悪心・嘔吐、胃腸炎、胃十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、咳、喘息、気管支炎、呼吸困難、発疹、関節痛、甲状腺・内分泌疾患、アレルギー疾患など、急性症状や慢性疾患継続的な治療とコントロールまで、一般的な内科診療を行っています。ホームドクターとして幅広い病気の初期診療を行いますが、専門的な高度医療が必要な場合は連携の大学病院・基幹病院などをご紹介し、患者さんが適切な治療を受けられるようにする診療科でもあります。複数の症状が出ているため、どの診療科をしたらいいのかわからない場合や、なんとなく不調が続き自分ではっきりと説明することが難しい症状をお持ちの方もお気軽にご相談ください。

発熱

感染症法という法律では、37.5度以上になると発熱、38度を超えると高熱と定義しています(個人差があります)。熱は病気を発見する為の有力なサインですが、熱が出る原因は多岐に亘っています。

発熱は体に悪いことなのか?

発熱の原因の一つである感染症については、発熱することによって免疫系を活性化させ原因微生物の増殖を抑える正常な反応といわれています。

急な発熱の原因
  • 感染症など
  • 風邪、扁桃炎、中耳炎などの他、顔に赤い発疹が現れるはしか、日射病、熱中症など。
  • 慢性的な発熱
  • 感染症(感染性心内膜炎、骨髄炎、結核など慢性的な経過を来す感染症)
  • 膠原病(リウマチ、SLEなど)
  • 悪性疾患(がん、腫瘍熱)
  • 内分泌異常.ホルモン異常(甲状腺疾患、副甲状腺疾患)
  • 血栓、塞栓症(深部静脈血栓症など)
  • 薬剤性(副作用など)

発熱時は水分摂取をまず第一に心掛けていただきます。早めに受診していただくことをお勧めいたしますが、疾患によっては早過ぎると原因が分からない場合もありますのでご了承ください。

喉の痛み

喉は粘膜に覆われて守られているのですが、炎症を起こすと腫れて、それが痛みの原因になります。炎症が生じるにはいつくかの原因があります。頻度が多いのは細菌やウィルスが侵入した場合です。
因みに、細菌とは自力で栄養を取り込んで生命活動を行うものです。一方のウィルスは細菌の30万分の1ほどの大きさしかなく、自力での生命活動が行えない為、他の生物(宿主と呼ばれます)に寄生して生きています。

細菌の種類によっては抗生物質が効くものがありますが、抗生物質は耐性菌の出現を防止する為濫用しないよう世界保健機関(WHO)が勧告しております。

倦怠感

体がだるい、疲れた、何もする気になれない、といった気分は誰しもご経験があると思います。こんな状態は倦怠感という言葉で表現されます。原因としては、肉体的原因と精神的原因が考えられます。
風邪やインフルエンザといった感染症、貧血、心臓や肺の疾患に伴う低酸素状態、睡眠中に呼吸の止まる睡眠時無呼吸症候群、肝臓の病気なども原因となります。或いは、甲状腺の病気や糖尿病などホルモンの異常によっても倦怠感が症状となって現れる場合もあります。

一方の精神的な原因ですが、うつ病やパニック障害、アルコールを始めとする薬物依存などによっても倦怠感の原因となる場合もあります。倦怠感が続く場合は、早めに受診していただくことをお勧めいたします。

風邪

風邪は、鼻や喉に生じる感染症のことで、原因となるウィルスは、ライノウィルス、アデノウィルス、コロナウィルスなど200種類以上あると言われています。どのウィルスかによって障害の程度も変わってきます。典型的な症状としては、のどの痛み、鼻水・鼻づまり、くしゃみ・せき、発熱が挙げられます。「風邪は万病のもと」とはよく聞く言葉ですが、細菌による二次感染にも気を付けなければなりません。気管支炎や肺炎、小さなお子さまの場合ですと中耳炎なども心配されます。風邪には特効薬がありません。基本は自分の体の自然治癒力です。
休養、保温、栄養の3つが大切になります。日頃からうがい、手洗い、充分な睡眠、規則正しい食事を心掛けてください。

インフルエンザ

インフルエンザは風邪によく似た病気で、どちらもウィルスを病原としていますが、ウィルスの種類が違います。インフルエンザはインフルエンザウィルス、風邪はアデノウィルスやライノウィルスなどのウィルスが関与しています。
インフルエンザは、風邪よりも症状が重くなる、という特徴があります。せき、喉の痛みだけでなく、40度近い高熱や頭痛、関節の痛み、強い倦怠感といった症状が全身に現れます。

ウィルスは毎年変化して新しい型が登場しますから、インフルエンザワクチンの予防注射は毎年受けておく必要があります。感染を完全に防げるわけではありませんが、症状の重篤化を抑えてくれます。毎年暮れごろから春先にかけて流行するので、その前に済ませておくのが良いと思います。注射の効果が出るのに半月くらいは必要です。効果は5か月くらい続きます。最近は年間を通してインフルエンザの感染が認められるようになってきております。