えどがわ橋内科・内視鏡クリニック

えどがわ橋内科・内視鏡クリニック

MENU
24時間WEB予約 03-5228-0750

肝臓・胆のう・膵臓の病気

肝臓・胆のう・膵臓の病気

肝臓の病気

肝障害、肝硬変、ウイルス性肝炎、アルコール性肝障害、肝がんなど

肝臓は「沈黙の臓器」と言われ、初期の段階で症状は現れず、自覚症状がない場合がほとんどです。気付いた時には進行していたケースも珍しくありません。
肝炎ウイルス(B型肝炎(HBV)、C型肝炎(HCV))の感染や、長期の過度な飲酒が主な原因で、肝炎から肝硬変へと進み、肝がんへと病状が悪化していきます。重篤な状態になる前に、初期の段階で発見することがとても大事です。

肝障害

肝障害は、B型肝炎やC型肝炎などのウィルス性肝炎、薬剤性肝障害、自己免疫性肝炎、アルコール性肝障害、脂肪肝などが原因となります。B型肝炎やC型肝炎ウィルスの持続感染や脂肪肝などで慢性的に炎症が続いた場合、肝細胞がん発生リスクが高くなります。

肝硬変

肝硬変は、肝硬変の状態になると肝臓が変形してしまい、肝機能も元通りには戻らなくなっていきます。肝硬変はさらに進行すると肝不全となり、また食道・胃静脈瘤による吐血、腹水貯留による腹部膨満や足の浮腫、肝性脳症による意識障害などの合併症を来すこともあるため、生活指導を含めた定期的な管理が必要となります。

胆のう(胆嚢)の病気

胆石、胆のうポリープ、胆道感染症、胆のう炎、胆管炎、胆石症、胆のうがんなど

胆のうは消化器の一つです。肝臓の右下にある臓器で、肝臓で作られた胆汁という消化液を一時的に溜めておき、水分を吸収して濃縮する役割を持っています。飲食が刺激となって収縮し、胆汁は主に脂肪の消化を助けるために胆のう管と呼ばれる管を通って十二指腸へ流れていく仕組みです。

胆石(胆のう結石症)

一般的に胆石と呼ばれているのは、胆のう内に結石が出来る胆のう結石症のことです。健診などで偶発的に見つかることも多く、症状がない場合には経過観察されることが多いです。腹部超音波検査や腹部CT検査で診断を行います。

胆のうポリープ

胆のうポリープとは、胆のう内に出来るポリープで、健康診断などで偶発的に見つかることが多い病変です。多くは良性ポリープですが、増大傾向にあるものや、10mm以上ある病変などでは腫瘍性病変である可能性があるため、精査が必要です。

胆道感染症

胆道とは、肝臓で作られた胆汁が十二指腸に流れるまでの道で、胆のうと胆管からなります。胆道感染症は、胆道を感染部位とする感染症で、胆のうと胆管が炎症している状態です。

膵臓の病気

急性膵炎、慢性膵炎、膵臓がん、膵嚢胞、膵石症など

膵臓は、胃の後ろにある長さ20cmほどの左右に細長い臓器で、食べ物を体内で消化するはたらきと、血糖のコントロールを担っている臓器です。
膵臓には2つの役割、外分泌機能と内分泌機能があります。食物の消化を助ける、多くの消化酵素を含む膵液を十二指腸に分泌(外分泌機能)します。また、インスリンなどのホルモンを血液中に分泌して体内の糖分をコントロールするはたらきを担っています(内分泌機能)。

急性膵炎

大量のアルコール摂取や胆石が膵管の出口を塞ぐことで膵臓に炎症が起こり、上腹部や背部に激しい痛み、嘔吐をきたします。

慢性膵炎

慢性膵炎は、長期の大量アルコール摂取が主な原因と考えられています。慢性膵炎になると、病気は徐々に進行し基本的に治ることはありません。 膵臓の炎症が持続することによって慢性化され、ゆっくりと自身の膵臓を溶かしてしまいます。そのため膵臓の正常な細胞が壊れて減っていき、代わりに線維が異常に増えて膵臓全体が硬くなります。

膵臓がん

90%以上は膵管に出来る膵管がんであり、他には神経内分泌腫瘍や膵管内乳糖粘液性腫瘍などがあります。