えどがわ橋内科・内視鏡クリニック

えどがわ橋内科・内視鏡クリニック

MENU

潰瘍性大腸炎の原因と治療方法

潰瘍性大腸炎の原因と治療方法

潰瘍性大腸炎とはどんな病気?

大腸の粘膜が炎症を起こしてただれたり潰瘍を生じさせたりする病気で、近年増加しています。人間の体には免疫システムが備わっていて、異物を感知するとこれを排除しようとします。この時に起こる、発熱や痛み、腫れなどを炎症といいます。消化管に炎症が起こる病気の総称が炎症性腸疾患です。潰瘍性大腸炎も、この炎症性腸疾患の一つで、大腸の粘膜の炎症により、潰瘍やびらんなどが生じる疾患です。
下痢や血便、便と血が混じった粘血便のほか腹痛などの症状を起こします。また、良くなったり悪くなったりを繰り返し、治ったと思っても数年後に再発することもあります。炎症が広範囲に及ぶとがん化する恐れがあるといわれます。どの年代にも発症しますが、特に20代に多く見られます。

潰瘍性大腸炎の症状と進行

何らかの原因により大腸の粘膜などに炎症やただれ、潰瘍ができる病気で、治療が難しく厚労省の特定疾患の難病として認定されています。代表的な症状としては、血便・下痢・腹痛・発熱などがあります。進行すると、便に血の他に膿、粘液などが混じるようになり、頻繁に腹痛が起こり、貧血・高熱・吐き気・嘔吐などの全身症状に至ります。

潰瘍性大腸炎の原因

遺伝や食べ物、腸内細菌、免疫異常が重なって発症するとみられており、食生活の欧米化も一因とされます。下痢、腹痛、発熱、血便、貧血などの症状がありますが、原因は不明です。

潰瘍性大腸炎の検査方法

通常X線造影検査や内視鏡、病理組織検査などを通じて診断されます。潰瘍性大腸炎には寛解と再燃を繰り返し、慢性化する特徴があります。長期化すれば、大腸がんの発症リスクも高まります。大腸がんの確定診断に有効なのは内視鏡検査ですので、定期的に検査を受ける重要性がここからも伺えます。

潰瘍性大腸炎の治療方法

治療は薬物治療が中心となります。ステロイドの注腸や点滴などの他、炎症を抑える目的で抗TNFα抗体製剤が用いられる事もありますが、治療法は確立していません。
基本的に服薬によって治療しますが、併せてストレスの軽減、アルコールや刺激の強い食べ物を摂りすぎないなど食生活の見直しも進めた方がいいでしょう。

よくある質問

大腸炎はどんな種類の病気がありますか?
炎症性腸疾患の内、細菌や薬剤などの原因が明らかになっているものは、特異的炎症性腸疾患、はっきりしないものは非特異的炎症性腸疾患と呼ばれます。潰瘍性大腸炎も後者のグループで、他には、クローン病、ベーチェット病などがあります
潰瘍性大腸炎とはどんな病気ですか?
難病として厚生労働省の特定疾患に指定されている大腸のびまん性炎症性疾患です。
潰瘍性大腸炎はどんな人がなりやすいですか?
20代から30代の若年層に好発しますが、そのメカニズムはまだ解明されていません。遺伝的要素や環境要因などが絡み合い、免疫異常を引き起こします。厚生労働省は、潰瘍性大腸炎を難病に指定しています。また症状は一時的に治ってもまた再発を繰り返すことが多く慢性的になるとつらい病気です。
どうやって診断するのでしょうか。
通常X線造影検査や内視鏡、病理組織検査などを通じて診断されます。潰瘍性大腸炎には寛解と再燃を繰り返し、慢性化する特徴があります。長期化すれば、大腸がんの発症リスクも高まります。自覚症状がある方は早めに消化器内科に相談をしましょう。