えどがわ橋内科・内視鏡クリニック

えどがわ橋内科・内視鏡クリニック

MENU

胃炎の原因と治療法

胃炎の原因と治療法

胃炎が起きる原因

胃炎

胃の粘膜に炎症が起きた状態が胃炎です。一般的にみぞおちの辺りに痛みが現れます。
食べすぎや飲みすぎ、タバコの吸いすぎなどの生活習慣やウイルスや、ストレスなどの影響で保護作用が弱まって炎症が起こる場合もあります。

胃炎から考えられる病気

  • 急性胃炎
  • 慢性胃炎
  • 胃潰瘍・十二指腸潰瘍
  • 胃がん
  • など

胃炎の種類

  • 急性胃炎
  • 急性胃炎
  • 神経性胃炎
  • など

胃炎の種類ごとの治療法

急性胃炎

安静にしていれば2~3日で治まります。

慢性胃炎

慢性胃炎のうち、約80%はピロリ菌感染が原因とされています。ピロリ菌の検査をして確認されたら除菌をします。

神経性胃炎

胃腸に優しい食事をとります。適度な運動をします。生活リズムを整えます。胃酸分泌を抑制させる薬や、抗うつ薬や抗不安薬、漢方薬などで治療します。

こんな症状があれば要注意!

  • 胃痛が1か月程度続いている
  • 市販薬を使用し始めてから2週間程度経過しても症状の改善がみられない
  • 発熱を伴う胃痛
    虫垂炎 腹膜炎、膵炎、胆のう炎、など緊急を要する疾患の可能性があります、すぐに受診しましょう
  • 吐血や下血や黒い排便を伴う胃痛
    胃の内部へ出血している可能性があります、すぐに受診しましょう
  • 嘔吐を繰り返す胃痛
    腸が詰まっている可能性があります、すぐに受診しましょう
  • 突然の激しい胃痛
    胆のう結石や血栓症などの緊急を要する疾患の可能性があります、すぐに受診しましょう

緊急性の高い症状の場合は、早めに受診することをおすすめいたします。
当院では診察し、必要に応じて胃内視鏡をはじめとする各種検査を行い、正しい診断のもと治療を行います。

当院の胃内視鏡検査について

苦痛の少ない、おえっとならない胃カメラ

胃内視鏡検査は、先端に小型のカメラが付いた管状の機器を使用し、喉、食道、胃、十二指腸を観察する検査です。直接観察することで、正確な診断ができ、小さな病変の有無にも気づくことができます。
胃カメラ検査は嘔吐反射(おえっとなること)や、痛みに対して不安な方も多いと思います。
当院院長は日本消化器内視鏡学会専門医として8万件の内視鏡検査の実績があり、長年の経験から独自のおぇっとならない方法を用いて検査を行います。また、患者さんの希望や状態に応じて、鎮痛剤・鎮静剤を用いることも可能です。ご安心ください。