えどがわ橋内科・内視鏡クリニック

えどがわ橋内科・内視鏡クリニック

MENU

胃痛の原因と治療方法

胃痛の原因と治療方法

胃痛とは

胃痛

胃に痛みを感じる症状で、みぞおち部分に痛みが出ます。ストレスによる胃痛も含めて、多くは胃酸が出すぎて胃粘膜を傷つけることで起きます。
胃酸は胃の中の食べ物を消化するために分泌されますが、非常に強い酸性です。通常は胃粘膜から分泌される胃粘液が胃壁を守り、胃の中に食べ物がない時には胃酸は分泌されない仕組みになっています。ところが、胃酸過多やストレスによって自律神経が乱れると、空腹時でも胃酸が分泌され、胃粘膜を傷つけるのです。

胃の粘膜が傷ついた状態が長く続くと、胃炎や胃潰瘍になることがあり、これらも胃痛を招きますし、虫垂炎(盲腸)や腹膜炎も初期には胃の部分に痛みを感じます。

また、生理前に女性が胃の痛みを訴えるのは、女性ホルモンのバランスが崩れて胃壁が収縮するためです。このほか、サバやイカなどに寄生するアニサキスが食事で胃に入り、胃粘膜を食い破ることで起きる胃痛もあります。

多様な胃薬が市販されていますが、原因がわからないまま服用すると逆効果になることがありますので、気を付けてください。

胃痛の種類ごとの考えられる原因、病気、治療法

胃の粘膜の炎症や損傷、胃の筋肉のけいれんなどにより、胃痛は起こります。過度のアルコールやカフェイン、強い香辛料などの刺激によって胃の粘膜は刺激されます。喫煙も同様です。熱いもの、冷たいものや食べ過ぎなども粘膜への刺激の原因となります。

ストレスや自律神経の乱れといったメンタル的な要因も胃痛の原因になり得ます。自律神経の乱れは胃酸過多を引き起こし、胃の粘膜を荒らす事はよく知られています。
ヘリコバクター・ピロリ、いわゆるピロリ菌も胃の粘膜層を破壊し、胃の炎症を引き起こす厄介な存在です。胃けいれんという症状も胃の痛みを引き起こすものです。胃潰瘍も痛みの原因となりますが、重篤化すると吐血する場合があります。

慢性胃炎などは、胃がんとの関係性が懸念されるものです。激しい痛み、長引く痛みがある場合は、急いで診察を受けてください。

こんな症状があれば要注意!

  • 胃の痛み、胃のもたれ
  • 胸やけ
  • 呑酸、げっぷ、はきけ
  • お腹の張り、腹痛
  • 便秘、下痢
  • のどのつかえ、のどの違和感
  • 食欲の低下、体重減少
  • 黄疸(からだが黄色くなる)
  • 黒い便が出る、便に血が混じっている

「おかしいな」と思ったら受診し、必要に応じて内視鏡検査を

どんな病気も早期発見・早期治療が大切です。
今までに経験したことのない症状や、症状が長引く場合など、「おかしいな」と思ったら、受診することをおすすめします。
当院では必要に応じて内視鏡をはじめとする各種検査が可能です。

当院の胃内視鏡検査について

当院では、院長の専門である消化器、内視鏡の検査からの治療に力を入れております。
胃内視鏡検査は一般によく「胃カメラ」と言われている検査です。過去に辛くて苦しい内視鏡検査を体験された方もおられると思いますが、近年の内視鏡技術は格段に進歩しています。苦痛も少なく、より精密な検査を行うことが可能となっています。
胃カメラを口から挿入すると、咽頭反射といって、喉を通過する際に嘔吐感が生じ、苦痛を感じる事が多かったのですが、鎮静剤によって、その苦痛を緩和することもできるようになりました。

胃内視鏡検査(胃カメラ)でわかる疾患

上部内視鏡検査では、胃がん、食道がん、十二指腸がんといった悪性腫瘍などの他に、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、急性胃炎、慢性胃炎、胃ポリープ、十二指腸ポリープ、逆流性食道炎といった疾患の診断・検査に有効です。