えどがわ橋内科・内視鏡クリニック

えどがわ橋内科・内視鏡クリニック

MENU

胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)

胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)とは

胃内視鏡検査

胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)は、先端に小型のカメラが付いた管状の機器を使って、喉、食道、胃、十二指腸を観察する検査です。観察し病気が無いかどうか、悪いものができていないかどうか、お薬を飲んで治療をした方がいいものが無いかどうかを観察します。

胃カメラでわかる病気

悪性腫瘍
  • 胃がん
  • 食道がん
  • 十二指腸がん
疾患
  • 胃潰瘍や十二指腸潰瘍
  • 急性胃炎
  • 慢性胃炎
  • 胃ポリープ
  • 十二指腸ポリープ
  • 逆流性食道炎

胃の病気の早期発見に内視鏡検査が欠かせません

胃カメラ検査は、従来のバリウム検査では見つけることが困難な微細な病気を見つけることが可能で、胃がん、十二指腸がん、食道がんといった悪性腫瘍などの他に、急性胃炎、慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃ポリープ、十二指腸ポリープ、逆流性食道炎、ヘリコバクター・ピロリ菌感染といった疾患の診断・検査に可能です。
バリウム検査で心配される被爆の恐れもありません。
またバリウム検査では不可能な生検(病気の部分から組織を少量採取すること)が胃カメラ検査では可能であり、さまざまな疾患の早期発見や確定診断に役立ちます。早期のがんは自覚症状がほとんどなく、早期発見の観点から胃カメラ検査は非常に有効な検査方法です。

胃カメラ検査を受ける頻度

胃や食道のがんは、40歳代になるとリスクが上がり、年々増えていく傾向にあります。
内視鏡検査は小さながんも発見できますので、早期発見・早期治療には非常に有効です。
40歳になったら、年に1回の胃カメラ検査を受けることをおすすめいたします。

当院の胃カメラの特徴

当院では、院長の専門である消化器、内視鏡の検査・治療に力を入れております。
胃カメラ検査は過去に辛くて苦しい体験された方も多いかと思いますが、近年の内視鏡技術は格段に進歩しており、少ない苦痛でより精密な検査を行うことが可能となっています。
胃カメラを口から挿入すると、咽頭反射といって、喉を通過する際に嘔吐感が生じ、苦痛を感じる事が多かったのですが、鎮静剤によって、その苦痛を緩和することもできるようになりました。

胃カメラの種類

経口内視鏡検査

カメラを口から挿入し、先端に付いている超小型のカメラで胃や食道の様子を画面に映し出して検査・治療を行います。当院では細めの経口内視鏡を使用しておりますので、少ない負担で検査を受けることができます。

経鼻内視鏡検査(※当院では採用しておりません)

カメラを鼻から挿入し、先端に付いている超小型のカメラで胃や食道の様子を画面に映し出して検査を行います。経口内視鏡よりもさらに細いため、より苦痛を抑えることができ、検査中に会話をすることも可能です。ただし、ポリープ等があった場合は治療することができません。

胃カメラ検査の流れ

検査の流れ
事前検査・問診
検査を安全に行うために、常用薬の確認や薬のアレルギーなどをチェックします(お薬手帳等内服薬が確認できるものをお持ちください)。
全身状態の把握や感染症の有無について、血液検査を行う場合があります。患者さんの状態によっては、心電図検査、レントゲン検査を行う場合もあります。
※心臓病、不整脈、緑内障、眼圧が高い、糖尿病の既往がある方はお申し出ください。
検査の準備
着替えやすい服装で来院してください。鎮静剤を使用して検査を受けられる場合はお車を運転しての来院は控えてください。
中断できない内服薬がある場合は、少量の水分で服用してください。
前処置
胃の中をきれいにする薬を飲みます。マウスピースをくわえます。
検査
肩や首、のどの力は抜いて検査をお受けください。検査中にお口に溜まった唾液は呑み込まずに口から外に出していただきます。また、げっぷはなるべく我慢していただきます。
検査後
鎮静剤を使用して検査を受けられた場合は、検査当日の車の運転は避けてください。検査後のお食事については注意事項をお伝えいたします。