えどがわ橋内科・内視鏡クリニック

えどがわ橋内科・内視鏡クリニック

MENU
24時間WEB予約 03-5228-0750

消化器専門外来

消化器専門外来

以下のような症状でお困りの方

消化器専門外来とは、
お腹や便通でお悩みの方のための専門外来です。

以下のような症状でお困りの方

お腹のお悩み
  • 腹痛で苦しんでいる
  • お腹が張っている
  • 食欲が出なくなった
胃や食道のお悩み
  • 胃が痛い
  • みぞおちが痛い
  • げっぷが出る
  • 胃もたれで苦しい
便通のお悩み
  • 便秘もしくは下痢ぎみである
  • 血便である
検査異常
  • 便潜血検査で陽性だった
  • 胃透視検査で異常を指摘された
  • 精密検査をするようにいわれた

上記のような症状が当てはまる方は、ぜひ一度、当院の消化器専門外来へご来院ください。
少しでも異変を感じる場合は、専門医による診察・検査をおすすめいたします。

下痢ぎみの方へ

下痢や便のゆるい方は、ばい菌やウイルスによる感染症状が疑われる場合があります。
感染対策のため、ご来院のまえに、一度お電話にて詳しく症状の確認をさせていただいており、場合によっては来院をお控えいただくこともございます
のであらかじめご了承ください。

当院の消化器専門外来

お腹や便通異常などの疾患や症状でお困りの場合は、当院の消化器専門外来での診療が可能です。些細なことでも構いませんので、「おかしいな…」と身体の不調を感じたら、まずはお気軽にお問い合わせください。

消化器専門外来の特徴

当院の消化器専門外来の特徴を5つご紹介いたします。

1.駅から徒歩3分
の好立地
当院は、東京メトロ有楽町線「江戸川橋駅」4番出口から徒歩3分の場所にあります。駅からアクセスしやすいため、通院・治療しやすいクリニックです。
2.内視鏡専門医
による診療
当院では日本消化器内視鏡学会の専門医が検査を行います。延べ8万件にも及ぶ検査実績と経験により、丁寧で苦痛の少ない検査を受けることができます。
3.土曜日診療可能
当院は平日のみならず、土曜日も診療を行っております。患者様のご都合の良い曜日での診療が可能です。平日は仕事などで忙しい患者様にとっても、通いやすいクリニックです。
4.WEB予約対応
WEBにて診療・検査予約をお取りいたします。いつでもどこからでも予約を取ることが出来ます。
5.キャッシュレス
決済対応
当院では各種クレジットカードや電子マネーでのお会計ができます。スムーズにお会計を済ませることが可能です。

当院の内視鏡検査について

胃内を検査する「胃カメラ検査」と
大腸内を検査する「大腸カメラ検査」があります。
当院では「診察」⇒「検査」⇒「治療」までをワンストップで行います。
詳しくは下記をご確認ください。

検査の流れ

1.ご予約・WEB予約

まずはネットにてご予約をお取りいただき、続けてWeb問診にお答えください。当院では、患者様にスムーズな診察を受けていただけるよう事前予約を推奨しております。

2.来院・受付

ご予約日に来院してください。予約の際にお答えいただいた問診票をもとに、当日は診療を行います。ご不明な点がある場合は、お気軽にお問い合わせください。

3.診察

問診票をもとに医師による診察を行います。
必要に応じて内視鏡検査などを実施する場合がございます。

4.お会計

当院ではキャッシュレス決済に対応していますので、スムーズにお会計を済ますことができます。電子マネーや各種クレジットカードなど多数対応しています。詳しくは受付にてご確認ください。

対応症状と疾患について

当院で対応可能な症状と疾患は下記の通りです。

対応症状
お腹のお悩み
  • 腹痛
  • 胃もたれ
  • 早期満腹感
胃や食道のお悩み
 
  • 胃痛
  • げっぷ
  • 胸焼け
  • 酸っぱい味がする
便通のお悩み
 
  • 便秘
  • 下痢
  • 血便・下血
  • 真っ黒な便が出る
検査異常
 
  • 便潜血検査で陽性
  • 胃透視検査で異常を指摘
  • 精密検査をするように言われた
対応疾患
  • 逆流性食道炎
    弁の機能低下により、胃液が逆流し食道に炎症を引き起こす疾患です。放置すると、胃がんに発展する可能性もあります。
  • 過敏性腸症候群(IBS)
    下痢や便秘を繰り返す疾患です。炎症や腫瘍などにより発症する疾患ではなく、直接的な原因がわかっていない疾患ですが、一般的にはストレスが関係していると言われています。
  • 潰瘍性大腸炎
    炎症性腸疾患のひとつで、原因不明の疾患です。大腸や小腸に炎症や潰瘍が発生することで、激しい腹痛や下痢、血便を引き起こします。
  • クローン病
    炎症性腸疾患のひとつで、潰瘍性大腸炎と同じく、原因不明で難病指定されている疾患です。口から肛門にいたる全域に炎症や潰瘍が発生することで、腹痛、下痢、血便を引き起こします。
  • 急性胃炎・慢性胃炎
    胃内で炎症を引き起こす疾患です。「急性胃炎」と「慢性胃炎」に分けることができます。「急性胃炎」は、食べ過ぎや急激なアルコール摂取によるもの、「慢性胃炎」はピロリ菌の感染によるものとされます。
  • 機能性ディスペプシア
    器質的な異常が原因ではないにも関わらず、胃の痛みや胃もたれを感じる場合、機能性ディスペプシアである可能性が高いです。IBS同様、ストレスによる発症が考えられます。
  • 胃潰瘍・十二指腸潰瘍
    胃液により、胃や十二指腸の組織内部を破壊してしまう疾患を言います。
  • ピロリ菌
    ピロリ菌はバクテリア(細菌)の一種です。不衛生な環境での感染率が高いのですが、幼少期の家族からの口移しなどによる「経口感染」も確認されています。
  • 大腸がん、胃がん、食道がん など

お問い合わせ・ご予約はこちら

受診に際して、ご質問やご不明な点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。