えどがわ橋内科・内視鏡クリニック

えどがわ橋内科・内視鏡クリニック

MENU
24時間WEB予約 03-5228-0750

体重減少

体重減少

以下のような体重減少には要注意!

以下のような体重減少には要注意!

  • ご飯を食べる気にすらならない
  • 食生活は変わらないのに体重が落ち続けている
  • 半年間で10キロ近く体重が落ちている
  • ダイエットもしていないのに急激に体重が減った

これらのような体重減少には注意が必要です。特に生活習慣を変えていないにも関わらず体重が減少し続けている場合、何らかの病気が疑われます。心当たりのある方は医療機関を受診しましょう。

なぜ体重が減少するのか

体重が減少するということは、すなわちエネルギーが足りていない状態を意味します。

  • エネルギーの摂取量が不足している
  • エネルギーの消費量が増加している

このような状態の際に体重は減少します。
現在自分の身体がどのような状態にあるのかを判断するには、専門家の問診や検査が必要となります。自らで安易に判断するのではなく、異変を感じる場合には早めに病院へ相談するようにしましょう。

診察を受ける目安

体重減少と一口に言ってもその状態は様々であり、病院に行くべきかどうかを判断することは難しいと言えます。
ここでは簡潔にその目安を記します。

  • 体重が落ちるスピードが速い
  • 食事を十分に取っているにも関わらず体重減少がある
  • 付随症状がある(吐き気・胸やけ・胃痛・腹痛・貧血など)

例えば、「ダイエットのため食事量を落としている」、「夏バテで栄養が取れない」というような状況であれば、医療機関を受診する必要性は低いといえます。しかし、そういった明らかに原因となる要素がないに関わらず体重減少が続いている場合には注意が必要です。

当院の内視鏡検査

体重減少が継続している場合には、まずは栄養状態をチェックします。それでも異変がない場合には、内視鏡検査によって疾患がないかどうかを確認します。

胃カメラ

口もしくは鼻からスコープを挿入して胃内を直接観察します。胃のどこにどのような異変が起きているかを正確に把握することが可能です。当院の胃カメラ検査の詳細については下記よりご確認下さい。

大腸カメラ

肛門からスコープを挿入して大腸内を直接観察します。大腸のどこにどのような異変が起きているかを正確に把握することが可能です。当院の大腸カメラ検査の詳細については下記よりご確認下さい。

ご予約はこちらから

当院は消化器症状に幅広く対応している専門性の高いクリニックであり、内視鏡検査を行うことも可能です。腹痛症状が継続していてお悩みの方は、お気軽に当院にお越しください。