えどがわ橋内科・内視鏡クリニック

えどがわ橋内科・内視鏡クリニック

MENU
24時間WEB予約 03-5228-0750

胸やけ

胸やけ

どうして胸やけが起こるの?

どうして胸やけが起こるの?

胸やけは、暴飲暴食や過度な飲酒によって胃酸が逆流することで引き起こされます。しかし、胃には「胃酸逆流防止機構」が備わっているため、通常胃酸が逆流することはありません。しかし、何らかの要因によってこの防御機構の機能が弱まってしまったり、胃酸が過剰分泌されたりすることで、胃酸の逆流が起こります。

胃酸が逆流するとどうなるの?

胃酸が逆流すると、食道(胸の辺り)が強力な酸性である胃酸によって炎症を引き起こすため、胸やけが起こります。これが「逆流性食道炎」という病気です。
逆流性食道炎は生活習慣病とも言われるほど、普段の生活習慣が影響擦る病気です。放置をしても治ることはないため、症状に心当たりのある方はすぐに医療期間を受診しましょう。

胸やけの検査方法

上述のように、胸やけが継続している場合には真っ先に逆流性食道炎が疑われます。この際には、胃内を直接観察することが可能である胃カメラ検査が第一選択となります。胃カメラ検査は「辛い・苦しい」というイメージが強い検査ですが、当院では患者様に楽な胃カメラ検査を提供できるように様々な工夫を施しています。当院の胃カメラ検査についての詳細は下記よりご確認下さい。

胸焼けの治療方法

胃酸が逆流することで胸やけが引き起こされている場合には、胃酸の分泌を抑える薬を使用して治療を行います。基本的には「プロトンポンプ阻害薬」と呼ばれるお薬を使用すれば症状は収まりますが、生活習慣を改善しなければ症状が再発する可能性があります。そのため、薬物療法と同時に生活集患の改善を図るのが一般的です。

ご予約はこちらから

当院は消化器症状に幅広く対応している専門性の高いクリニックであり、内視鏡検査を行うことも可能です。腹痛症状が継続していてお悩みの方は、お気軽に当院にお越しください。