えどがわ橋内科・内視鏡クリニック

えどがわ橋内科・内視鏡クリニック

MENU
24時間WEB予約 03-5228-0750

血便・下血

血便・下血

以下のような症状でお困りの方

以下のような症状でお困りの方

  • 便に血が混じっている
  • トイレットペーパーに血がついている
  • お尻から血が出る
  • 下痢である
  • みぞおちが痛い
  • 慢性的に便秘を繰り返す
  • 腹部に膨満感がある

このような症状をお持ちの方は、命の危機に関わる疾患にかかっている可能性が考えられます。
とくに血便や下血をそのままにしておくことは大変危険です。
自分で判断せず医療機関を受診しましょう。

下痢ぎみの方へ

下痢や便のゆるい方は、ばい菌やウイルスによる感染症状が疑われる場合があります。
感染対策のため、ご来院のまえに、一度お電話にて詳しく症状の確認をさせていただいており、場合によっては来院をお控えいただくこともございます
のであらかじめご了承ください。

血便・下血の種類

血便と下血の違いは「血の色」にあります。
便に赤い血が混ざっている状態を「血便」、黒い血が混ざっている状態を「下血」と言います。
出血してから時間が経つほど血は黒くなっていきます。血の色がわかることで、出血している場所が推定できます。考えられる疾患がある程度予測できるようになるため、血の色を把握することで診察の際に役立ちます。
ご自身で分かりにくい場合は、スマートフォン等で写真をとり、診察の際にお見せください。

黒色便

胃や十二指腸で出血をしており、排便までに時間を要するため、イカ墨のような真っ黒な便が出ます。「タール便」とも言われます。

考えられる疾患
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 食道がん
暗赤血便

小腸や大腸から出血し、消化液と混ざりあうことで赤黒い便が出ます。

考えられる疾患
  • 大腸炎
  • 大腸憩室出血
  • メッケル憩室出血
  • 小腸潰瘍
粘血便

粘液と血液が混ざりあい、イチゴジャムのような便が出ます。

考えられる疾患
  • 炎症性腸疾患
  • アメーバ腸炎
鮮血便

鮮やかな赤い血で、肛門の近くで出血していることが多いです。肛門からの出血は、いわゆる「痔」である場合がほとんどです。

考えられる疾患
  • 直腸がん
  • 直腸ポリープ

血便・下血の代表的な疾患

血便・下血を引き起こす原因として考えられる疾患は次の通りです。

大腸がん

がんが大きければ大きいほど出血量・頻度共に多くなります。大腸がんのなかでも「直腸がん」は肛門から近いため血便が見られます。

潰瘍性大腸炎

炎症性腸疾患のひとつで、原因不明の疾患です。大腸や小腸に炎症や潰瘍が発生することで、激しい腹痛や下痢、血便を引き起こします。

感染症大腸炎

細菌やウイルスが大腸に入り、炎症を引き起こす疾患です。ノロウイルスやエンテロウイルス、カンピロバクターなどがあります。主な症状には、腹痛、嘔吐、下痢、血便などです。

便秘や下痢、座りっぱなしなどが原因となって発症します。血便を訴える患者様のなかで最も多い疾患です。

大腸ポリープ

がん化する可能性がある「腺腫性ポリープ」と、がん化する可能性の低い「非腺腫性ポリープ」があります。

大腸憩室出血

大腸壁に「憩室」とよばれる袋状のへこみができ、その血管が破れることで出血し、血便となります。また憩室内に細菌が感染すると炎症を起こす「大腸憩室炎」という合併症を引き起こす可能性もあります。

メッケル憩室

メッケル憩室とは、小腸壁がふくらみ外側に飛び出た状態を言います。通常成長すると消える「卵黄管」という赤ちゃんだけが持っている臓器が残ることでメッケル憩室になります。無症状のことが多いが、炎症を引き起こすと、腹痛や嘔吐、血便・下血が見られます。

クローン病

炎症性腸疾患のひとつで、潰瘍性大腸炎と同じく、原因不明で難病指定されている疾患です。口から肛門にいたる全域ににおいて、炎症や潰瘍が発生することで、腹痛、下痢、血便を引き起こします。

胃潰瘍

胃液により、胃の組織内部を破壊してしまう疾患を言います。

虚血性腸炎

血流障害により大腸の粘膜が一時的に虚血状態を引き起こし、腸管が炎症する疾患です。

血便・下血が出たらすぐに病院へ

既に述べたように、血便・下血は重篤な疾患にかかっている可能性がありますので、自分で判断せずに医療機関を受診するようにしましょう。
「どのくらい出血するのか?」「出血の頻度」「血の色」など、できるだけ詳細に教えてください。

検査について

まずは問診にて症状を伺います。血便・下血の場合は、便の状態を見ただけでは、判断がしにくいため、大腸カメラ検査を行うようにしましょう。
当院では、内視鏡検査の専門医が診察を行いますので、安心して治療・検査を受けていただくことができます。
症状でお悩みの方はもちろん、不安な気持ちを抱えていらっしゃる方は、お気軽にお問い合わせください。

当院の消化器専門外来へお越しください

血便・下血でお悩みの方は、当院の消化器専門外来へお越しください。

詳しくは消化器専門外来ページをご確認ください。

血便・下血は病気にかかっている「サイン」かもしれません。少しでも異変が見られたら、自分で判断せず、まずは医療機関を受診しましょう。ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。