えどがわ橋内科・内視鏡クリニック

えどがわ橋内科・内視鏡クリニック

MENU
24時間WEB予約 03-5228-0750

機能性ディスペプシア

機能性ディスペプシア

以下のような症状でお困りの方

以下のような症状でお困りの方

  • 食後の胃もたれ
  • 早期の満腹感
  • みぞおちに痛みを感じる
  • 酸っぱいもの(胃酸)が上がってくる
  • 胸焼けがする

上記のような症状の方は「機能性ディスペプシア」の疑いがあります。
機能性ディスペプシアについて解説いたします。

機能性ディスペプシアとは?

機能性ディスペプシアとは、見た目では異常(器質的異常)がないにも関わらず、腹部の痛みが生じる疾患です。
主な症状としては、胃もたれ、早期満腹感、みぞおちの痛みなどです。胃カメラ検査をしても異常が発見されなかった際に、機能性ディスペプシアである可能性が高いです。自律神経の乱れなど、精神的な原因によるものとされており、一般的に治療が難しい疾患とも言われています。
日本人の10人に1人は機能性ディスペプシアであると言われているおり、罹患者が少なくない疾患です。

まずは検査の受診をおすすめします

機能性ディスペプシアかどうかを判断するためには、胃の中を直接観察する胃カメラ検査が必要となります。

当院の胃カメラ検査については下記をご確認ください。

少しでもお身体に異変を感じたら、まずは当院にお越しいただき、医師による診療・検査をおすすめいたします。どんな小さなことでも構いませんのでお気軽にご相談ください。

治療について

機能性ディスペプシアの治療は、主に「薬物療法」「生活習慣の改善」を行います。
患者様の症状に応じて、最適な治療方法を医師と一緒に考えていきます。

薬物療法

薬物療法で使用する主な薬物は次の通りです。

  • 消化管運動改善薬…胃のはたらきを改善する
  • 胃酸分泌抑制薬…胃酸の分泌を抑える
  • 抗不安薬・抗うつ薬…精神的ストレスを緩和する

など

生活習慣の改善

自律神経の乱れを改善することで、症状の改善や緩和につながる場合があります。規則正しい生活を行うことにより、症状の改善だけでなく、再発防止にも効果が期待できます。
水分や食物繊維を意識した食生活、睡眠をしっかりとる、適度な運動、アルコールの摂取を控える、タバコをやめる、などご自身の無理のない範囲で生活集患を変えていきましょう。患者様ごとに適切な治療方法をアドバイスいたします。

症状の疑いがある方は当院へお越しください

機能性ディスペプシアは完治が難しい疾患であると言われております。だからこそ、症状を悪化させない・再発させないための治療が必須です。
少しでもお身体に異変を感じたら、まずは当院にお越しください。