えどがわ橋内科・内視鏡クリニック

えどがわ橋内科・内視鏡クリニック

MENU
24時間WEB予約 03-5228-0750

便潜血検査が陽性だった場合

便潜血検査が陽性だった場合

便潜血陽性とはどういう状態か

便潜血陽性とは、採取した便の中に、血液が混じっている状態のことです。消化管からじわじわと出血していることが予想され、胃がんや大腸がん、直腸がん、痔などの病気である可能性があります。
便に混じる血液は、鮮やかな赤~暗赤色になることが多いです。ただし、目に見えなくてもごく微量の血液が混じっていることもあるため、それを見つけることができるのが便潜血検査です。
健康診断や大腸がん検診で便潜血陽性の結果が出た場合には、内視鏡(大腸カメラ)を使った精密検査・治療が必要になります。その際は当院へご相談ください。

血便、下血、便潜血の違い

血便

血便とは、一般的に赤い血が混じっている便のことをいいます。大腸や肛門など、下部消化管から出血した場合を言い、肛門からの出血だと鮮やかな赤、大腸からの出血だと暗赤色になることが多いです。血便とあわせて、便秘や下痢、嘔吐、痛み、発熱、全身倦怠感や疲れ、残便感といった症状が出ることもあり、大きな病気が潜んでいる可能性があります。

下血

下血とは、胃や十二指腸などの上部消化管からの出血した場合を言います。胃や十二指腸で出血すると、便として排出されるまで時間がかかり、コールタールのような黒っぽい便が出ます。出血が多いと、暗赤色になることもあります。

便潜血

便潜血とは、肉眼では見えないくらいのごく微量の血液が便に混じっている場合を言います。便潜血検査では主に大腸がん検診として行われており、大腸がんの死亡率を低くださせる科学的な根拠があります。

便潜血陽性を放置するとどうなるか

食物が便として排泄される課程で便に血が混じることは通常ありませんので、この検査で便潜血陽性となった方は、大腸がんの可能性があります。
この検査で陽性判定された方は、消化器内科への受診が必要ということになります。

大腸カメラ検査について

大腸カメラ検査では、腫瘍、ポリープ、炎症、その他の異常がないかを直接観察します。小さなポリープは検査中に切除することもできます(当院で切除できるポリープは10mm以下の大きさです)。
大腸ポリープは種類によっては癌化する可能性があり、これらを内視鏡的に切除することにより大腸癌の予防・早期治療に繋がります。

当院の大腸カメラ検査の特徴

痛みの少ない大腸カメラ検査を行います

大腸カメラ(下部消化管内視鏡検査)で過去痛い・辛い思いをされた方は少なくありません。 だからこそ、当院では痛みの少ない挿入法(軸保持短縮法)を用いる、お腹が張りにくいガスを使用する、状況に応じて鎮静剤・局部麻酔など使用し、より苦痛を抑えた内視鏡検査を行っています。

当院院長は内視鏡専門医として豊富な経験を元に、患者さんお一人お一人が安心して検査・治療を受けられるようサポートいたします。
検査が初めての方、不安な方も安心してご相談ください。