えどがわ橋内科・内視鏡クリニック

えどがわ橋内科・内視鏡クリニック

MENU
24時間WEB予約 03-5228-0750

過敏性腸症候群の原因と治療方法

過敏性腸症候群とはどんな病気?

内視鏡検査でわかること、内視鏡検査の必要性

下痢や便秘、膨満感や腹痛など、下腹部の不快な症状が継続的に生じているにも関わらず、炎症や潰瘍などの構造的、形態的疾患が認められない時、これを過敏性腸症候群と呼んでいます。先進国に増えているうえ20~40歳代に多く見られるもので、女性がやや多めです。原因は定かではありませんが、ストレス、知覚過敏、消化管の運動異常などと推定されます。

過敏性腸症候群の症状と進行

過敏性腸症候群は、症状のタイプにより、下痢型、便秘型、混合型、分類不能型に分けられます。

過敏性腸症候群の原因

最大の原因はストレスですが、多くの場合、大腸などの消化管運動の異常、不適切な生活サイクルや食生活などが重なって発症するとされます。治療は、夜間の大食や脂肪分、刺激物の多い食事を避けるといった食生活の改善のほか投薬治療も行われます。

過敏性腸症候群の検査方法

診断は自覚症状を基に行う、「RomeⅣ基準」により行われます。排便頻度や便の形状、腹痛と排便の関係性などの要素により診断されます。
診断を行う際には血液検査、便潜血検査、大腸カメラ(下部消化管内視鏡検査)などの各種検査を必要に応じて行い、大腸がんや炎症性の腸疾患などの他の疾患でないことを確認しておくことが重要です。

大腸カメラ(下部消化管内視鏡検査)の検査を受け、多くの方が痛みをうったえる内容は、大腸が伸縮する場合、空気が入って痛い場合です。当院では院長が25年続けている軸保持短縮法を用いてできるだけ伸展させない挿入方法を用いております。空気が入って痛い方は、体内に吸収が早いガスを用いておりますので、お腹が張る感じは長く続かないように工夫しております。鎮痛剤、鎮静剤を使用する方法も有効勿論有効ですのでご相談ください。

*基礎疾患、アレルギーなどにてご使用できない方もいらっしゃいますのでご了承ください。

過敏性腸症候群の治療方法

治療ですが、生活習慣の改善をベースに、食事、運動、薬物のそれぞれの療法を組み合わせて取り組む事となります。食事療法では、刺激物を避けながら食物繊維を積極的に摂取します。運動療法では、適度な運動を取り入れ、腸の動きを整えます。薬物療法では、神経伝達物質、セロトニンをコントロールします。それら以外にも、便に含まれる水分量の調節や乳酸菌製剤、緩下剤などが用いられます。

よくある質問

どんな人が過敏性腸症候群になりやすいのですか?
20~40歳代に多く見られるもので、女性がやや多めです。原因は定かではありませんが、ストレス、知覚過敏、消化管の運動異常などと推定されます。
過敏性腸症候群はどんな症状が出ますか?
炎症や潰瘍が認められないのに腹部に痛みや不快感、膨満感などを感じ、下痢と便秘が慢性的あるいは再発を繰り返す病気の総称です。先進国に増えているうえ20代~40代に多く、QOL(生活の質)を著しく低くださせるため、近年重視されています。
過敏性腸症候群と便秘は関係ありますか?
便は老廃物の塊ですので、便秘になると腸内の悪玉菌が増えて過敏性腸症候群などを引き起こすことがあります。日ごろから水分や発酵食品、食物繊維を多く含んだ食品を摂るほか、適度な運動やマッサージで便秘になりにくい体作りに努めましょう。
過敏性腸症候群はどんな治療になりますか?
治療は、生活習慣の改善をベースに食事、運動、薬物のそれぞれの療法を組み合わせて取り組見ます。食事療法では、刺激物を避けながら食物繊維を積極的に摂取します。運動療法では、適度な運動を取り入れ、腸の動きを整えます。薬物療法では、神経伝達物質、セロトニンをコントロールします。それら以外にも、便に含まれる水分量の調節や乳酸菌製剤、緩下剤などが用います。
過敏性腸症候群とはどんな病気ですか?
過敏性腸症候群とは、大腸や小腸そのものには原因が無いにもかかわらず、下痢や便秘などの便通異常、腹痛や腹部膨満感などの腹部症状が慢性的に続く症候群です。発症には、ストレスが大きく関係しています。