えどがわ橋内科・内視鏡クリニック

えどがわ橋内科・内視鏡クリニック

MENU
24時間WEB予約 03-5228-0750

大腸がんの原因と治療方法

大腸がんの原因と治療方法

大腸がんとはどんな病気?

大腸がんとは大腸の一番内側にある粘膜に発生するがんです。
粘膜の正常な細胞が直接がん細胞に変化して発生するものと、良性のポリープが大きくなる過程でがん化して発生するものがあります。女性では死因の第1位、男性では第2位であり、年間4万人が亡くなられており、今後もさらに増加すると予想されています。 日本人では70%がS状結腸と直腸に発生することが知られています。

大腸がんの症状と進行

早期の大腸がんでは自覚症状はほとんどなく、がんが進行し大きくなると血便、腹痛、便秘・下痢、便の狭小化、体重減少などの症状が現れます。また、がんの発生する場所によっても症状が異なります。
肛門からの出血を痔と自己診断して放置して実は直腸がんであったり、便秘を放置して実は結腸がんであったりしたケースが度々あります。「おしりの診察が恥ずかしい」といって病院に行きそびれてがんが進行してしまうことがないように注意が必要です。

大腸がんの原因

大腸がんになりやすいスク要因として、動物性脂肪食、野菜や果物の摂取不足、喫煙、アルコール、ストレス、運動不足などがあげられます。 食生活が欧米化(低繊維食・高脂肪)が関与していると考えられています。

大腸がんの検査方法

大腸がん検査で一般的に行われているのが便潜血検査です。便潜血検査で陽性になった場合に、精密検査が必要となります。大腸内視鏡検査を行い、がんかどうかの確定診断を行います。確定診断に有効なのは内視鏡検査ですので、定期的に検査を受ける重要性がここからも伺えます。

大腸カメラ(大腸内視鏡)について

肛門から挿入し、大腸ポリープや大腸がんはじめとした病変を発見・観察したり切除したりする医療機器です。現在では大腸の診察や治療に欠かせません。
検査に当たっては、前日夜から下剤を服用して、大腸内の便を排泄しておく必要があります。便が透明になったら検査可能です。検査用下着はお尻の部分にスリットがあり、羞恥心を軽減する工夫がされています。
しかし、大腸がんを調べる便潜血反応検査で陽性となって精密検査が必要と診断されても、恥ずかしさなどから特に女性の精検受診率が低いことが、大腸がん検診における課題となっています。恥ずかしがらずに、今後のライフ設計や身体のことを思い、積極的に検査を受診いただけたらと思います。

大腸がんの治療方法

大腸がんの治療には内視鏡治療、手術治療、放射線治療、抗がん剤による治療などの方法があります。

よくある質問

大腸内視鏡検査はどのようなときに行われる検査なのですか?
血便や、便潜血反応検査で陽性の結果が出た場合や、慢性的に便通異常や腹痛のある方。また、症状のない方でも40歳を過ぎたら大腸の内視鏡検査をおすすめしています。
大腸がんを予防するにはどうしたらよいのですか?
大腸ポリープを内視鏡で切除することで、臨床試験にて、大腸がんによる死亡率が低下することが証明されています。内視鏡検査を受診することにより大腸がんによる死亡率が低下することも証明されています。定期的な大腸内視鏡検査の受診をお勧めします。
大腸がん検診で陽性と診断されたときはどうしたら良いですか?
大腸内視鏡検査などの精密検査が必要です。 精密検査で1~2%の方に大腸がんが見つかります。 また、30~40%の方に大腸ポリープが見つかります。 まずは早めにご相談ください。
大腸内視鏡検査とはどんな検査なのですか?
肛門から大腸に直接内視鏡カメラを挿入し、腸管内部を観察して検査する方法です。そのまま、ポリープやがんの病変部分を切除することもできます。診断と治療まで行うことができることからみても大腸内視鏡検査は優れた検査方法といえます。
大腸内視鏡検査は痛いと人から聞いたことがありますが…
「大腸内視鏡検査の良さはわかるけど、すごく痛そう…」そういった不安をお持ちの患者さんも大勢いらっしゃいます。もちろん、大腸は曲がりくねっていますので内視鏡を挿入していく際に多少おなかが張ったり、つっぱったりする感覚を感じられることはありますが、当院では腸を伸ばすことなく挿入する"軸保持短縮法"で挿入しておりますので、痛みは最小限に抑えられます。さらに患者さんの苦痛を軽減するために、必要に応じて検査時に鎮静剤・鎮痛剤の使用も可能ですので、ご安心ください。
大腸内視鏡では、ポリープを切除できると聞いているのですが、痛みはないのですか?
大腸ポリープは、大腸壁の粘膜面より発生してくる病変であり、その粘膜面には知覚神経は存在しません。切除の際にも全く痛みを感じる事がありません。ご安心ください。
大腸ポリープを切除した後は、生活の注意点はありますか?

ポリープを切除する際には、切除したところから出血しないように電流で 粘膜を焼きながらポリープを切除します。約1週間は生活規制が必要となります。
以下は治療後、出血のリスクを減らす為の注意事項になります。

  • 1. 運動(ゴルフ・ジョギングなど)は控える
  • 2. 刺激のある食べ物は控える。アルコールは飲まない
  • 3. お風呂は、当日はシャワーとしその後の入浴も長湯は避ける
  • 4. 仕事は翌日から可能。重い物を持つような仕事は控え、デスクワーク程度であることが理想

などを1週間守っていただきます。