えどがわ橋内科・内視鏡クリニック

えどがわ橋内科・内視鏡クリニック

MENU
24時間WEB予約 03-5228-0750

胃がんの原因と治療方法

胃がんの原因と治療方法

胃がんとはどんな病気?

胃の内壁は粘膜から始まり、胃全体を覆う漿膜(しょうまく)に至る、五層構造となっています。一番内側の粘膜の細胞が、がん細胞化し、増殖を繰り返すと、胃がんと診断されます。胃がんの場合、漿膜から更に外側の組織を侵食し、広がってゆきます。これを浸潤と言い、胃がんの一つの特徴とされています。かつて日本人のがんの中で患者数、死亡数とも1位でしたが、2016年では死亡順位は男性が肺がんに次いで2位、女性は4位となっています。死亡率も減ってきていますが、高齢化によって死亡数は横ばいが続いています。

胃がんの症状と進行

初期にはまったく自覚症状はありませんが、進行すると胃の痛みや膨満感、胸焼け、吐き気、貧血、体重減少などの症状が出るようになります。ただし、こうした症状は胃潰瘍などでも出ますので、症状だけでは胃がんと判断できませんのでご注意ください。少しでも違和感があれば、医療機関で内視鏡検査を受けてください。

胃がんの原因

胃がんにはいくつかのリスク要因があります。喫煙や塩分の過剰摂取、野菜・果物の摂取不足などが代表的なものです。最近よく耳にするのは、ヘリコバクター・ピロリ、通称ピロリ菌による感染の影響です。ただピロリ菌は、除菌することで、胃がんに至るリスクをかなり減らせるようになりました。

胃がんとピロリ菌の関係

中高年の感染率が高いピロリ菌が原因である場合が多く、ピロリ菌除去で胃がんリスクが低下するという研究成果が次々に出てきています。

胃がんの検査方法

検査では通常、胃内視鏡検査・胃のレントゲン検査(バリウム検査)を行います。

胃がんの治療方法

胃がんの治療は、外科的手術、内視鏡治療、化学療法の3つが主体となります。がんのステージによって治療方法も決まってきます。胃がんの10%程度を占めるスキルス性の場合は胃粘膜表面に現れてこないことがあり、内視鏡検査でも発見されにくいとされます。がんが粘膜内にとどまっている初期のがんなら内視鏡による切除術で対応します。進行すると、開腹手術や内視鏡手術で切除しますが、最近は内視鏡手術が増えています。

胃がんは、がんの中では比較的治りやすい疾患と言われます。定期的な検査を心掛け、早期発見に努めてください。