えどがわ橋内科・内視鏡クリニック

えどがわ橋内科・内視鏡クリニック

MENU
24時間WEB予約 03-5228-0750

逆流性食道炎の原因と治療方法

逆流性食道炎の原因と治療方法

逆流性食道炎とは

逆流性食道炎

胃酸が胃から食道へと逆流し、食道に炎症が生じる疾患を逆流性食道炎と言います。胃と食道の間には、食べ物が逆流しないよう下部食道括約筋があって、通常は閉じています。
しかし、加齢によってその働きが低下したり唾液の分泌量が少なくなったりすると、食道への逆流が起こります。
胃酸は非常に強い酸性で、胃は粘液で胃壁を守っていますが、食道にはそうした防御機能がないため、胃酸が流れ込むと傷つけられるのです。

逆流性食道炎の症状と進行

強い酸性の胃液などが食道へ逆流し、食道に炎症が起こって、胸やけ胸の痛みなどの不快な症状が出る病気です。繰り返すと食道に潰瘍ができたり、粘膜がただれたり、声のかすれなどの症状が出ます。激しい胸やけが特徴で、酷い場合には呼吸が困難になる事もあります。呑酸といって、胃酸が口まで昇ってくると口の中が酸っぱく感じられ、げっぷの回数も増えます。稀にですが、食道がんの原因にもなります。

逆流性食道炎の原因

逆流性食道炎は、胃酸の分泌量が多くなる事が大きな原因です。欧米型の食生活が浸透して魚よりも肉の摂取量が増えると、消化の為に胃酸がより多く必要となる事に起因します。高脂肪食やアルコール、炭酸飲料、チョコレートなど胃に負担になるような食べ物を控えることが大切です。ストレスや生活習慣によることもありますが、加齢などにより食道下部の括約筋が緩んだり、背骨が曲がって腹圧が上昇したりして、逆流が起こりやすくなる事が考えられます。

逆流性食道炎の検査方法

逆流性食道炎は、問診のみで診断をする医療機関が多いですが、より詳しくは内視鏡検査で調べます。内視鏡を用いて胃の内部を直接見て、逆流性食道炎が疑われる病変の部分や、その広がり(範囲)と深さを調べることができ、より確実な診断が可能な検査になります。

逆流性食道炎の治療方法

治療は主に薬物療法ですが、併せて食生活や生活習慣の見直しも行うと効果的です。
治療にはプロトンポンプ阻害薬が処方され、胃酸の分泌を抑えて症状の改善を図ります。