えどがわ橋内科・内視鏡クリニック

えどがわ橋内科・内視鏡クリニック

MENU
24時間WEB予約 03-5228-0750

逆流性食道炎の原因と治療方法

逆流性食道炎

下記の症状に該当する方は逆流性食道炎の可能性があります

  • 胸やけが頻繁に起こる
  • 胃が痛い
  • 胃もたれがする
  • 食後に酸っぱいものが上がってくる
  • 吐き気、嘔吐がある
  • 喉に違和感、不快感がある
  • 物を飲み込むときに痛みを感じる

逆流性食道炎

上記の症状に該当する方は、逆流性食道炎の疑いがあります。逆流性食道炎は放置すると症状が悪化する一方であるため、適切な治療を施す必要があります。現在起きている症状が逆流性食道炎によるものなのかどうかを自身で判断することは難しいため、専門医による診察を受けるようにしましょう。

逆流性食道炎とは

胃酸が胃から食道へと逆流し、食道に炎症が生じる疾患を逆流性食道炎と言います。胃と食道の間には、食べ物が逆流しないよう下部食道括約筋があって、通常は閉じています。
しかし、加齢によってその働きが低下したり唾液の分泌量が少なくなったりすると、食道への逆流が起こります。
胃酸は非常に強い酸性で、胃は粘液で胃壁を守っていますが、食道にはそうした防御機能がないため、胃酸が流れ込むと傷つけられるのです。

逆流性食道炎の症状と進行

強い酸性の胃液などが食道へ逆流し、食道に炎症が起こって、胸やけ胸の痛みなどの不快な症状が出る病気です。繰り返すと食道に潰瘍ができたり、粘膜がただれたり、声のかすれなどの症状が出ます。激しい胸やけが特徴で、酷い場合には呼吸が困難になる事もあります。呑酸といって、胃酸が口まで昇ってくると口の中が酸っぱく感じられ、げっぷの回数も増えます。稀にですが、食道がんの原因にもなります。

逆流性食道炎の原因

上述の通り、胃の働きが正常であれば胃酸が逆流することはありませんが、下記の要因によって逆流が引き起こされます。

  • 胃酸逆流防止機構(下部食道括約筋)の機能低下
  • 胃酸の過剰分泌
  • 胃に掛かる圧力の増加

これらの要因は加齢・暴飲暴食・肥満・姿勢といった生活環境や身体的機能の低下から誘発されます。逆流性食道炎は生活習慣病の一種と言われるほど、日頃の生活環境が大きく関与する疾患です。自身の生活を見つめ直し、少しでも心当たりのある方は改善に取り組みましょう。

逆流性食道炎の検査方法

逆流性食道炎であるかどうかを判断するためには、胃カメラ検査が必須です。当院では内視鏡専門医が丁寧に検査を行うため、胃カメラ検査を受けることに抵抗がある方も安心してお申し出ください。当院の胃カメラ検査の詳細については下記をご覧下さい。

当院の胃カメラ検査について

逆流性食道炎の治療方法

薬物療法

逆流性食道炎に使用する薬は、「プロトンポンプ阻害薬」という胃酸の分泌を抑えるものが第一選択薬となります。他にも、胃の働きを改善する薬や粘膜を保護する薬を使用しますが、いずれの薬を使用するにしても、患者様の状態に併せて最適と考えられるものを処方します。

生活習慣の改善

上述の通り、逆流性食道炎は生活習慣が大きく関与します。食生活の見直し・運動習慣の構築・ストレス軽減など、胃に掛かる負担を軽減することが目標となります。

逆流性食道炎でお困りの方は当院へ

当院は内視鏡検査に注力しているクリニックとして、幅広い消化器症状に対応することが可能です。辛い症状でお悩みの方や、胃カメラ検査を受けることを検討されている方は、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

ご予約・お問い合わせはこちら

消化器専門外来についてはこちら